POSレジは情報管理ができるシステム

POSとは、英語のpoint of salesの略で、販売時点情報管理と訳されます。

POSレジは、その機能がついたレジスターのことで、売り上げが発生する時点で、バーコードを読み取ると、その商品の価格や部門などの情報が表示され、レシートに印刷されます。

信頼性の高いgoo ニュースについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

同時にその商品が売れたということが記録され、何が、いつ、いくつ売れたのかということが集計できるというシステムです。



売り上げや在庫数を瞬時にチェックできるので、店舗管理がよりスムーズになります。このようなPOSレジを使った方法はPOSシステムといわれ、精算や商品管理だけでなく、顧客管理、マーケティングなどにも応用されています。
POSシステムを用いることで、売れ筋商品の把握や不良在庫の確認が容易になり、仕入れを増やすタイミングや、過剰な在庫の処分のタイミングなどを見計らうことができ、無駄を省くことに繋がります。また、過去のデータを見て、季節や天候によって、或いは、イベントなどに関する仕入れや販売の計画を立てる際の参考にすることができます。

また、POSレジではバーコードの読み取りで入力するので、手打ちのように打ち間違えるということが少なく、初心者でも難しい訓練をせずに操作できるというメリットもあります。

釣り銭も自動で計算されて出てくるので、釣り銭間違いなども減ります。

また、時間短縮にもなるので、レジの回転率がよくなり、お客様をお待たせしないという効果もあります。